機動戦士Vガンダム

リンク切れ、リンク違い、動画が重いなどありましたら、コメント下さい。速やかに対処致します。

1          白いモビルスーツ     (動画はこちら
2          マシンと会った日     (動画はこちら
3          ウッソの戦い     (動画はこちら
4          戦いは誰のために     (動画はこちら
5          ゴッゾーラの反撃(動画はこちら
6          戦士のかがやき     (動画はこちら
7          ギロチンの音     (動画はこちら
8          激闘! 波状攻撃     (動画はこちら
9          旅立ち     (動画はこちら
10          鮮烈! シュラク隊     (動画はこちら




11          シュラク隊の防壁     (動画はこちら
12          ギロチンを粉砕せよ     (動画はこちら
13          ジブラルタル空域     (動画はこちら
14          ジブラルタル攻防     (動画はこちら
15          スペースダスト     (動画はこちら
16          リーンホース浮上     (動画はこちら
17          帝国の女王     (動画はこちら
18          宇宙艦隊戦     (動画はこちら
19          シャクティを捜せ     (動画はこちら
20          決戦前夜     (動画はこちら




21          戦略衛星を叩け     (動画はこちら
22          宇宙の虎     (動画はこちら
23         ザンスカール潜入     (動画はこちら
24          首都攻防     (動画はこちら
25          敵艦と敵地へ     (動画はこちら
26          マリアとウッソ (動画はこちら
27          宇宙を走る閃光     (動画はこちら
28          大脱走     桶谷顕     (動画はこちら
29          新しいスーツV2 (動画はこちら
30          母のガンダム     (動画はこちら




31          モトラッド発進     (動画はこちら
32          ドッゴーラ激進     (動画はこちら
33          海に住む人々     (動画はこちら
34          巨大ローラー作戦     (動画はこちら
35          母かシャクティか     (動画はこちら
36          母よ大地にかえれ     (動画はこちら
37          逆襲ツインラッド     (動画はこちら
38          北海を炎にそめて     (動画はこちら
39          光の翼の歌     (動画はこちら
40          超高空攻撃の下     (動画はこちら




41          父のつくった戦場     (動画はこちら
42         鮮血は光の渦に (動画はこちら
43          戦場の彗星ファラ     (動画はこちら
44          愛は光の果てに (動画はこちら
45          幻覚に踊るウッソ     (動画はこちら
46          タシロ反乱     (動画はこちら
47          女たちの戦場     (動画はこちら
48          消える命 咲く命     (動画はこちら
49          天使の輪の上で     (動画はこちら
50          憎しみが呼ぶ対決     (動画はこちら
51          天使たちの昇天     (動画はこちら



 物語

宇宙世紀0153年、地球圏を統治している地球連邦政府は形骸化し、宇宙に存在する各サイドは連邦政府の統制を離れた独自の道を歩み始め、各地で紛争が勃発する「宇宙戦国時代」に突入していた。

そのなかでもサイド2に存在するザンスカール帝国はギロチンによる恐怖政治と、救済と慰謝を基調とするマリア主義を掲げて急激に民衆の支持を獲得し、地球に向けてベスパと呼ばれる帝国軍を派遣した。ベスパはヨーロッパの都市 ラゲーンを制圧下に置いた後、地球侵攻のための拠点とする。また、ザンスカール帝国への抵抗活動を続けている組織 リガ・ミリティアの構成員たちも、それに対抗してヨーロッパで散発的な抵抗を始める。

こうした中、ヨーロッパの都市 ウーイッグ近くに存在するカサレリア近辺にてパラグライダーを操っていた主人公の少年 ウッソ・エヴィンはベスパのMS(モビルスーツ) シャッコーとリガ・ミリティアに所属する小型戦闘機との戦闘に巻き込まれ、シャッコーに引っかかり取り付いた挙句、パイロットを引き摺り落としてMSを奪ってしまう。

これを発端に、その後ウッソはリガ・ミリティアと共に、数奇な運命をたどることになる。




ガンダムシリーズのTVアニメとしては第4作目にあたり、2012年現在宇宙世紀を舞台とした最後のTVシリーズ。SDガンダム世代の小学生に受け入れ易くするため、主人公の年齢は13歳と従来のシリーズから引き下げられ、同じ理由から旧作ガンダムを知らない世代でも理解できるよう、旧作とはほとんど関連を持たない内容になっている。

監督の富野由悠季によると、本作はテレビアニメの原点に戻って、楽しいロボットアニメ。かつ当時の子供に流行のRPGを意識し、主人公が中心のシンプルかつマンガチックな作品を目指していたという[2]。物語序盤は明朗活発な主人公ウッソ・エヴィンが幼馴染のシャクティ・カリンや憧れの女性カテジナ・ルースを守るためにガンダムに乗り込み、トリッキーな戦法で敵を打ち負かすというシンプルな活劇としての方向付けがなされていた。しかし物語が進むにつれ、宗教を背景とした民族主義など難解なテーマに重きが置かれるようになっていく。また、ギロチンで主人公の仲間の首がはねられたり、敵のパイロットが非武装の民間人の虐殺を楽しむような描写や、戦闘の際に機体を破壊するのではなく、コクピットを潰したりビームサーベルで中のパイロットを焼き殺すなどの残酷描写がある。

主役機Vガンダムのデザインにはカトキハジメを起用。シンプルなデザインながら、合体変形機構を持つ玩具性の高いものとなった。敵メカニックは宇宙人をコンセプトとしており、ビームローター、MS乗用一輪車、巨大バイク戦艦など、従来とは一線を画す設定が取り入れられた。特徴的なネコ目状のカメラアイに関しても(宇宙人がモデルではないかとの説もある)遮光器土偶がモチーフとなっている[3]。

キャラクターデザインには逢坂浩司を起用した。富野は自身の作品を褒めることが珍しく、本作についても「一番嫌いなガンダム」であると発言しているが、キャラクターデザインが本作の救いだったと後日語っている。富野は本作の結末について、『機動戦士Vガンダム大辞典』では「とっても好きなエンディングなんですよ」と語っているが、他方『∀の癒し』では「現実に対する恨みつらみをこめたもので、何より作品として終わらせるというものになっていない」とも語っている。


音楽は千住明が担当し、本作のサウンドトラックは、アニメとしては当時珍しいフルオーケストラを起用した。スタッフはもちろん作曲家を褒めることもほとんどない富野は、曲の収録風景を見学に行って「幸せだ」と感じたという。千住は「Vガンダムを担当するに当たって、自分のもつ引き出しをすべて出し切るつもりで臨んだ」と語っている。

ウッソ役には当時19歳の新人で、本作が声優デビュー作となる阪口大助が抜擢された。また、後に『機動武闘伝Gガンダム』のドモン・カッシュを演じる関智一がトマーシュ・マサリク役で出演。関は、本作が声優としての本格デビュー作に当たる。また、各話のゲスト声優にも『新機動戦記ガンダムW』のヒイロ・ユイを演じた緑川光など、後の平成ガンダムシリーズ3部作のメインキャラクターを演じる声優が数多く出演している。