ガンダムオールムービー&ガンプラ&まとめ

ガンダムの2ちゃんまとめ、歴代ガンダムの無料アニメ動画の紹介を中心にあらすじや、ガンプラの紹介などをしていきます!宇宙世紀のガンダム、平成以降のガンダム、そしてageも全て網羅!動画が見たい方は目次かこのブログの説明へ!!

ガンダム00

ガンダム00 第4話 対外折衝

第四話スタートです!!

「対外折衝」(動画はこちらからどうぞ)

場面は新しい場所から。都市部にまでテロの波がきているという国。と女王、
この国は化石燃料がとれる資源国だったらしいが・・・。
太陽光エネルギーができてからどうやら寂れてしまったらしい。

しかも太陽光発電システムを所有する国家群(人革連orユニオンorAEU)に援助してもらいたいが、軌道エレベーターの建設に参加しなかったから・・・。というなかなか難しいお国事情。


ここが次のミッション場所になるのでしょうか。



さて、ところかわって今度は人革連。
セルゲイ中佐もガンダムを手に入れるというミッションを受けることに。
そしてそこに新しい人員が・・・。
彼女は超人機関技術研究所より派遣された超兵1号ソーマピーリス少尉

新しいヒロインの予感www
そして目が黄色。何か意味が・・・。


そしてユニオンも。
あの男のモビルスーツが完成する
「バックパックと各関節の強化。機体表面の対ビームコーディング。武装はアイリス社が試作した新型のライフルを取り寄せた。」とのエイフマン教授の説明。

グラハムは
「壮観です。プロフェッサー。

なぜ英語。
片桐が「12Gもかかるけどね。」というと・・・。

望むところだと言わせてもらおう。


だそうだ。ユニオンは順調にフラッグファイターを集めている様子。


こっちは順調そうでも・・・。国家間ではソレスタルビーイングの出現により変化をみせている。

タリビア共和国がユニオンを脱退し独自のエネルギー使用権を主張するとの声明。
これに関する政治的軍事的圧力には屈しないとのこと。

なるほど。確かに、戦争状態になればソレスタルビーイングが介入してきますからね。
頭良いなwww
ただし・・・タリビアという国が軌道エレベーターの近くにあって介入しづらい環境にあるというのも理由だそうですが。


(ここのシーンでも入ってくるソレスタルビーイングの裏にいるワンリュウミンともう一人の男は一体・・・。)



タリビアに軍を派遣することに決めたユニオン。
もちろんフラッグのグラハムの姿も。(最初からガンダムと戦う気まんまんwww)


タリビアでのミッションを開始するソレスタルビーイング。
ガンダムがきたこともあって一触即発状態になるタリビア。

スメラギさんの「ミッション、スタート」の声と同時に・・・



ロックオンがタリビアのモビルスーツを打ち抜く!!!






えぇぇwwwwwそっちぃwwww







「ソレスタルビーイングの創設者、イオリアシュヘンベルグが声明でこういったはずよ。
ソレスタルビーイングは戦争を幇助する国も武力介入の対象である」と。
(例によってソレスタルビーイングの裏にいる2人が説明してくれる)


タリビアを戦争幇助国として・・・戦うそうですw
タリビアの思惑www


あかん。


刹那とアレルヤとロックオンにふるぼっこ状態のタリビア。

するとタリビアの首相は・・・。アメリカのブライアン大統領へ電話をする。
そして、ユニオンに戻ることにwww
と同時にユニオンはタリビアを守るためにソレスタルビーイングへの反撃をすることに!


ティエリア「とんだ茶番だ」


さてこれで戦闘を終えて離脱する予定だったガンダム。
そこにっ!!エクシアを追いかける機影が!!


「これでガンダムと戦える!見事な対応だ!プレジデント!!!」


プロフェッサー(教授)といいプレジデント(大統領)といいwww


エクシアに一撃を与えるも海の中へ逃げる刹那。


「逃げられたか。カスタムフラッグ・・・一応対抗してみせたが。しかし水中行動も可能とは・・・汎用性が高すぎるぞ!ガンダム!」

確かに。性能が違いすぎるなwww





そして最後はこの話のネタばらしを第四話の最初にでてきた国の王女さまとそのお付きの者の会話から。

「タリビアもそしてアメリカもこうなることを予測していたようね。」


「予測していた?」

「ソレスタルビーイングに武力介入をされたタリビアは率先して米軍の助けを借りたのよ。これによりタリビア国内の反米感情は沈静化し、アメリカ主導の政策に梶を切ることができる。タリビアの現政権もアメリカの支援を受けて安泰。他の国々もタリビアの二の舞を避けるべく露骨な反米政策を打ち出そうとはしないでしょう。この一連の事件で一番得をしたのはどこかしら?もし分からないのであれば貴方にこの国を救う資格はないわ。アザディスタン王国第一王女、マリナ・イスマイール様。」



うーーーんこのお付きの者すっごい上から目線www
誰だこいつww

というところで第四話は終了。


ガンダムシリーズ ブログランキングへ


ガンダム00 第3話 変わる世界

さて第二話の終わりでグラハムと刹那が相まみえたところまでいきました。
第三話は初めてグラハムと刹那が戦うシーンから!

「まさかなぁ。よもや君に出会えようとは。
乙女座の私にはセンチメンタリズムな運命を感じられずにはいられない。
それとも、光の粒子を出していなかったから見つけられたのか。おそらくは後者だぁ!!」


そうですよwww後者ですよwww
グラハムさん何で前者を言ったんですかww



斬りかかるグラハムを跳ね返す刹那。

圧倒された!?しかしっその大きな獲物(エクシアの武器)ではあたらんよ!」

グラハムの攻撃をよけながらビームサーベルを出して反撃する刹那。
その攻撃がっ!グラハムのモビルスーツのライフルを破壊したところでグラハムは逃げる。


ここから第三話が始まります!それではいってみましょう!!




「変わる世界」(動画はこちらからどうぞ)


さて地球のJNN本社(新聞社)ではまた出現したソレスタルビーイングに大騒ぎ。
その中にイオリアシュヘンベルグの記事を探す女性が・・・。

「イオリアシュヘンベルグ・・・。21世紀の後期に出現した稀代の発明王。太陽光発電システムの基礎理論の提唱者。公に姿を見せず、その名前だけが後生に語り継がれている存在。」



変わって人革連の軌道エレベーター。4人のガンダムマイスターが集合している。
ティエリアは宇宙に向かう様子。そして、3人は新たなミッションへ。

(ガンダムマイスターたちはあまり仲が良くない様子・・・。
これから仲良くなるのかな?)


ここで・・・。

地球に戻ってきた顔に傷のある人革連のセルゲイ中佐。

対ガンダム調査隊に転属になったユニオンのグラハム。
(そしてエイフマン教授。)
転属を受けた片桐とグラハムの会話。
「驚いたなぁ。君はこうなることを予見していたのかい?」

「私もそこまで万能ではないよ。因縁めいたものを感じてはいるがね。


(AEUの・・・コーラサワー。)

とソレスタルビーイングの敵になりそうな人たちが続々と出てきました。
さらにサジとルイスの何だか可愛いやりとりもww


ユニオンと人革連はガンダムの秘密がどうやら「光の粒子」にあることに気がつく。
レーダーやセンサーにも写らないステルス性と機体の制御に使われいるだろうと・・・。


(AEUぅ・・・。おいてかれてるぞぉ・・・。いや、出てこないだけできっと彼らも・・・。)


ここでも片桐とグラハム(エイフマン教授に対して)
多少強引でなければ、ガンダムは口説けません。
「彼メロメロなんですよぉ。」




そうこうしてるうちに。

南アフリカの鉱物資源採掘現場にロックオンが!
南アメリカのタリビア(麻薬栽培地域)にアレルヤが!

同時に二カ所にガンダムが出現する!

ガンダムに対して為すすべがない敵を一方的に撃って武装解除させるロックオン。
麻薬栽培地域を焼き払ってそのまま帰投するアレルヤ。



そして刹那がセイロン島に!!第二話と同じ紛争地域に介入w
そこに偶然(?w)居合わせた人革連のセルゲイ中佐もモビルスーツで参戦する!


うーん。グラハムに続いてこの人も刹那との最初の戦いw
どうなるっ!

火気を捨てて肉弾戦に持ち込むセルゲイ中佐!
肉を切らせて骨を絶つ作戦っ!

エクシアに切られた瞬間を狙ってエクシアの顔をつかむ!!が・・・
その腕をビームサーベルで切り捨てる!

そしてそのままモビルスーツも一刀両断!!
「俺にふれるな。」


うーんあっさりだ。
今回も地球でのミッションは終了。



その頃宇宙ではティエリアがヴァーチェに乗ってプトレマイオスに帰還。
どうやらプトレマイオスはガンダム4機のGNドライブで動いているみたいですね。


「祝杯をあげましょ」

「謹んで辞退します。」

「いけず。」




最後にサジと刹那がお隣に住んでいることと、JNNでイオリアシュヘンベルグを調べていた女性がサジの姉さんだと分かったところで第三話は終了!

(ソレスタルビーイングが紛争介入したせいで、他の紛争地域が紛争を凍結したという大事なシーンがありますがww)
MG 1/100 GN-001 ガンダムエクシア (機動戦士ガンダム00)


MG 1/100 GN-001 ガンダムエクシア (機動戦士ガンダム00)


1/100 ガンダムヴァーチェ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~ (機動戦士ガンダム00)


1/100 ガンダムヴァーチェ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~ (機動戦士ガンダム00)










ガンダム00 グラハム・エーカーの名言集


ガンダム00で人気を博するユニオンのグラハム・エーカー上級大尉(27歳独身、乙女座)の名言集.




ガンダムシリーズ ブログランキングへ



第一期

「好意を抱くよ。興味以上の対象だということさ」
(ガンダムエクシアを初めて見た後に)

「グラハム=エーカー!君の存在に心奪われた男だ!!」
(エクシアと初めて戦闘に入った時)

「よもや君に出会えようとは。乙女座の私には、センチメンタリズムな運命を感じずにはいられない」


「私もそこまで万能ではないよ。因縁めいたものを感じてはいるがね」


「MSの性能の差が、勝敗を分かつ絶対条件ではないさ」
オマージュ:シャア=アズナブル「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる!」

「人呼んで、グラハムスペシャル!!」


「敢えて言わせてもらおう!グラハム=エーカーであると!!」
オマージュ:ギレン=ザビ・ジオン公国総帥「敢えて言おう!カスであると!!」

「身持ちが堅いな!ガンダム!!」

「さっ、何故かな。口が滑ったとしか言いようがない」

「括目させてもらおう、ガンダム」

「抱きしめたいな!ガンダム!!まさに、眠り姫だ」


「堪忍袋の緒が切れた!許さんぞ!ガンダム!!」


「私の顔に何度泥を塗れば気が済むのだ…ガンダムッ!」

「彼は私以上にフラッグを愛していたようだな。
 ならばハワード・メイスンに宣誓しよう。
 私、グラハム=エーカーは、フラッグを駆ってガンダムを倒すことを」

「そんな道理、私の無理でこじ開ける!!」


「どれほどの性能差であろうと!
 今日の私は阿修羅すら凌駕する存在だ!!」


「私はフラッグでガンダムを倒す。ハワード・メイスンの墓前にそう誓ったのだよ」
「しかし隊長、フラッグの性能ではガンダムに」
「男の誓いに、訂正はない」


「私は我慢弱い」

「会いたかった、会いたかったぞ!ガンダムッ!!」

「やはり私と君は、運命の赤い糸で結ばれていたようだな。
 そうだ、戦う運命にあった!!」


「君の圧倒的な性能に私は心を奪われた。この気持ち、まさしく愛だ!!」
「だが愛を超越すれば、それは憎しみとなる!」




第二期

「そうか、現れてくれたか。自分が乙女座であったことをこれほど嬉しく思ったことはない」


「なんという僥倖!生き恥を晒した甲斐があったというものだ!!」


「興が乗らん!」


「ドライブ二つのガンダムは任せますよ、Mr.ブシドー」
「望むところだと言わせてもらおう」


「それでこそだ少年!!」


「ガンダム!引導を渡す!!」





劇場版ガンダム00におけるグラハムの名シーン

↓登録する↓
RSSリーダーで購読

管理人からのお知らせ
管理人よりお知らせ
大変恐縮ではございますが、ツイッターを始めました。
基本はこのブログの更新情報をツイートしていきます。もしよろしければフォローをお願い致します。
https://twitter.com/kotoko0712
相互リンク募集
相互リンクを募集しています。
ガンダム関係のブログやサイトは
リンクフリーですのでどうぞ。
リンクしたら是非コメント下さい。
こちらもリンク致します。

拘束少女絵巻

拘束少女絵巻 高潔編

責められ少女絵巻

くすぐり少女絵巻

なわとロープと結びの方法。―なわ・ロープ・ひも・糸の結び方を図解付きで解説!