ガンダムオールムービー&ガンプラ&まとめ

ガンダムの2ちゃんまとめ、歴代ガンダムの無料アニメ動画の紹介を中心にあらすじや、ガンプラの紹介などをしていきます!宇宙世紀のガンダム、平成以降のガンダム、そしてageも全て網羅!動画が見たい方は目次かこのブログの説明へ!!

ガンダムX

【ニュース】麻倉あきらがロストヒーローズのOPを歌う!【ガンダムXの主題歌の人】

麻倉あきら:『ロストヒーローズ』【週刊ファミ通Face完全版】

ファミ通.com 8月16日(木)11時43分配信



週刊ファミ通のニュースページ“エクスプレス”で連載中のゲームに関連した著名人へのインタビューコーナー“Face”。誌面スペースの都合などからカットした部分を網羅した完全版をファミ通.comでお届け。今回のゲストは、歌手の麻倉あきらさんです。

■今週のお題
『ロストヒーローズ』
ニンテンドー3DS/プレイステーション・ポータブル
バンダイナムコゲームス 2012年9月6日発売予定 各6280円[税込]

『ウルトラマン』、『仮面ライダー』、『ガンダム』シリーズの新旧キャラクターが共演する“コンパチヒーロー”シリーズの最新作。本来の力を失ってしまったヒーローたちが、悪に満ちた絶望の世界に立ち向かう3DダンジョンRPGだ。


●ガンダムは私を救ってくれたヒーロー
 バンダイナムコゲームスより2012年9月6日に発売予定のニンテンドー3DS/プレイステーション・ポータブル用ソフト『ロストヒーローズ』。本作 は、人気ヒーローたちが登場する3DダンジョンRPGだ。今回のゲストは、本作のオープニングテーマ「EXTRICATION」を歌う歌手の麻倉あきらさ ん。歌やヒーローに対する思いを聞いた。

――「EXTRICATION」は、どのような曲なのでしょうか?
麻倉 とにかくスケールが大きくて、疾走感がある曲です。ちょっと切ない部分もあるのですが、それでも前に突き進もう! というパワーを与えてくれます。

――歌詞では、どのようなテーマを表現しているのでしょうか。
麻倉 くじけたり傷ついたりしても、力を合わせて立ち向かっていこう、運命に逆らってでも光を求めて前に進もう、という力強さが表現されています。メロディーととてもマッチしていると思います。

――最初にこの曲を聴いたときの感想を教えてください。
麻倉 「もう、ドンピシャで好きなサウンドだ!」と、そのカッコよさに感動しました。とくに、イントロ部分のストリングスが好きで。始まりから「来た来た来たー!」とテンションが高くなるものになっていますよ。

――「EXTRICATION」のレコーディングをする際、とくに気をつけたことはありますか?
麻倉 歌詞の中に、“制御不能”や“輪廻”といった、ふだん使わない硬い言葉が入っているのですが、歌うときにこれらの言葉が重く響かないよう、明るめに 歌うように心がけました。この曲を歌うのは、なかなか難しかったですね。ゲームファン、ウルトラマンファン、仮面ライダーファン、ガンダムファンの皆さん の期待を裏切らないように、というプレッシャーもあり、汗だくになってしまいました。

――麻倉さんが“ROMANTIC MODE”として『機動新世紀ガンダムX』(以下、『ガンダムX』)の主題歌を歌われてから16年が経ちましたが、麻倉さんにとって、ガンダムとはどのような存在ですか?
麻倉 じつは私、子どものころは男の子が観るようなアニメが大好きで。もちろん『ガンダム』も観ていて、シャアに恋をして、結婚したいと思うほどでした (笑)。ですので、『ガンダムX』の主題歌を歌うことになったときは、本当に喜びましたね。それからしばらくして、ROMANTIC MODEの活動が止まってしまい、7、8年ほど歌の仕事から離れていたんです。もう歌うことを止めようかとも考えていたのですが、『ガンダムX』の歌を 歌っていたことがきっかけで、アニメソングのイベントにお呼びいただきまして。ガンダムが、もう一度私に歌う機会を与えてくれた、と思いました。ですの で、ガンダムは私を救ってくれたヒーローで、ひと言では言い表わせないほど大切な存在です。いまもライブを行うときは、『ガンダムX』の主題歌 「DREAMS」、「Resolution」のどちらかは必ず歌いますね。

――小さいころに観ていたアニメのヒーローが、麻倉さんの人生のヒーローになったんですね。ところで、アニメがお好きとのことですが、ゲームについてはいかがでしょうか?
麻倉 大好きです。昔からゲーマーなんですよ。ゲームで遊んでから寝ることを日課にしているぐらいです。それから、昔の話ですが、スーパーファミコンは2 台持っていて、リビングとベッドルームに置いていました。実家に帰るときは、荷物が増えるにも関わらず持って帰っていたほどです(笑)。本当にゲームが好 きなので、今回のお話をいただいたときは、ワクワクしましたね。『ガンダムX』の歌がゲームに収録されたことはありましたが、ゲームのための新曲を歌うの は初めてなんです。このソフトのためにニンテンドー3DSを買おうと思っています。

――ところで、麻倉さんは、いまはボーカルスクールで歌を教えていらっしゃると伺いましたが。
麻倉 はい。4月にボーカルスクール“SPACEY Artist Academy.”を本格的に立ち上げましたし、ROMANTIC MODEのプロデューサー、ジョー・リノイエさんが運営している声優養成所のカレイドスコープでも教えています。

――生徒の方に教えることで、ご自身にも何か変化はありましたか?
麻倉 まず驚いたのが、自分が自然と行なっていたことについて質問されること。「ビブラートって、どうやってかけるんですか?」とか。「どうやって教えれ ばいいんだろう」と、悩むことがたくさんありました。そのひとつひとつについてあらためて調べたり、歌の仕事をしている人に聞いたりするうちに、多くのこ とを学びましたね。それから、生徒の皆さんといっしょに声を出すことで、自分の声もより出るようになりました。「前よりもまた歌がうまくなっているよね」 と言われることも多く、生徒といっしょに自分も成長しているのかな、と感じています。

――それでは、最後にひと言お願いします。
麻倉 無償の愛と勇気と希望を人々に与えて、どんなに辛くても立ち上がる、そんな強さを持っているのがヒーローだと思っています。ひとりひとりの力を合わ せて戦うこのゲームのヒーローたちからは、その強さが感じられると思いますし、「EXTRICATION」からも感じていただけると思いますので、楽しみ にしていてください。私も楽しみにしています。

↓ガンダムXの「DREAMS」(liveバージョン)




【無料アニメ動画】機動新世紀ガンダムX 【月は出ているか!?】


機動新世紀ガンダムX

リンク切れ、リンク間違いなどはコメント下さい。すぐに対処致します。



1          「月は出ているか?」     (動画はこちらから)

2          「あなたに、力を…」     (動画はこちらから)

3          「私の愛馬は凶暴です」     (動画はこちらから)

4          「作戦は一刻を争う!」     (動画はこちらから)

5          「銃爪(ひきがね)はお前が引け」     (動画はこちらから)

6          「不愉快だわ…」     (動画はこちらから)

7          「ガンダム、売るよ!」     (動画はこちらから)

8          「あの子、許さない!」     (動画はこちらから)

9          「巷に雨の降るごとく」     (動画はこちらから)

10          「僕がニュータイプだ」     (動画はこちらから)




11          「何も考えずに走れ!」     (動画はこちらから)

12          「私の最高傑作です」     (動画はこちらから)

13          「愚かな僕を撃て」     (動画はこちらから)

14          「俺の声が聞こえるか!」     (動画はこちらから)

15          「天国なんてあるのかな」     (動画はこちらから)

16          「私も人間(ひと)だから」     (動画はこちらから)

17          「あなた自身が確かめて」     (動画はこちらから)

18          「Lorelei(ローレライ)の海」     (動画はこちらから)

19          「まるで夢を見てるみたい」     (動画はこちらから)

20         「…また逢えたわね」     (動画はこちらから)




21          「死んだ女房の口癖だ」     (動画はこちらから)

22          「15年目の亡霊」     (動画はこちらから)

23          「私の夢は現実です」     (動画はこちらから)

24          「ダブルエックス起動!」     (動画はこちらから)

25          「君達は希望の星だ」     (動画はこちらから)

26          「何も喋るな」     (動画はこちらから)

27          「おさらばで御座います」     (動画はこちらから)

28          「撃つしかないのか!」     (動画はこちらから)

29          「私を見て」     (動画はこちらから)

30          「もう逢えない気がして」     (動画はこちらから)

31          「飛べ、ガロード!」     (動画はこちらから)

32          「あれはGファルコン!」     (動画はこちらから)

33          「どうして俺を知っている!?」     (動画はこちらから)

34          「月が見えた!」     (動画はこちらから)

35          「希望の灯は消さない」     (動画はこちらから)

36          「僕らが求めた戦争だ」     (動画はこちらから)

37          「フリーデン発進せよ」     (動画はこちらから)

38          「私はD.O.M.E…かつてニュータイプと呼ばれた者」   (動画
こちらから)    

39         「月はいつもそこにある」     (動画はこちらから)





 物語

アフターウォー (A.W.) 15年。人類と地球に壊滅的な打撃を与えた勝者無き大戦争、第7次宇宙戦争後の荒廃した地球が舞台。

戦争で孤児となった少年ガロード・ランは、ジャンク屋やモビルスーツ狩りを生業として逞しく生きていた。そこにある依頼が来る。内容はバルチャー艦「フリーデン」に誘拐されたティファ・アディールという少女を取り戻してほしいというものだった。しかしティファに一目惚れしたガロードは、依頼者を見て激しく怯えたティファをつれて逃走。

そしてティファに導かれたガロードは、幻のモビルスーツ「ガンダムX」を発見する。紆余曲折を経て2人は、フリーデン艦長ジャミル・ニートと共に、「ニュータイプ」と呼ばれる人々を探す旅に出る。


 作品解説

『新機動戦記ガンダムW』の後の時間帯に放映された作品である。

『ガンダムW』は監督の池田成が中途で辞め、急遽『黄金勇者ゴルドラン』を担当していた高松信司がかわりに起用されていた。ただし高松は最後までクレジットされていない。同作の作業にもだいたい目処のついた頃に、次に製作するガンダムの監督のオファーを受けた。高松はビデオソフトに封入されたインタビュー記事やDVD-BOX封入冊子インタビューで、「1995年11月に突然『ガンダムをやれ!』とサンライズから言われた」という趣旨の発言をしている。また、サンライズプロデューサーの富岡秀行も同じDVD-BOX封入冊子インタビューで、当時「高松を推薦した」と述べている。

「好きなようにやっていい」と言われた高松は様々なアイディアを検討した末、自分の脳裏から離れなかった荒野にただ1機背中を向けてたたずむガンダムのイメージからインスピレーションを得て、この作品の制作に取りかかった。

制作までの時間がなかったことから、シリーズ構成を担当した川崎ヒロユキが最終的に全話の脚本を手がけた。

前作『ガンダムW』同様、5人の美少(青)年がセールスポイントのひとつに挙げられるが、前作のようなキャラクターを前面に出した作風とは趣が異なる。またエンディングと次回予告の映像を同時進行させたこと、その最後に登場する登場人物の言葉をサブタイトルに採っているのも特徴となっている。第一話のサブタイトル「月は出ているか?」は同作品を紹介した様々な媒体で引用されている。




機動新世紀ガンダムX DVDメモリアルボックス
機動新世紀ガンダムX DVDメモリアルボックス
HGAW 1/144 ガンダムエックス
HGAW 1/144 ガンダムエックス
↓登録する↓
RSSリーダーで購読

管理人からのお知らせ
管理人よりお知らせ
大変恐縮ではございますが、ツイッターを始めました。
基本はこのブログの更新情報をツイートしていきます。もしよろしければフォローをお願い致します。
https://twitter.com/kotoko0712
相互リンク募集
相互リンクを募集しています。
ガンダム関係のブログやサイトは
リンクフリーですのでどうぞ。
リンクしたら是非コメント下さい。
こちらもリンク致します。

拘束少女絵巻

拘束少女絵巻 高潔編

責められ少女絵巻

くすぐり少女絵巻

なわとロープと結びの方法。―なわ・ロープ・ひも・糸の結び方を図解付きで解説!