さて、第五話はアメリカ大統領とタリビアの首相が握手をしているシーンから
それを見て何かを感じるアザディスタン王国第一王女、マリナ様。

「私にしかできないからよ・・・。」そう言って他国の援助を求める外遊にでるマリナ様。


いい顔や。


というところから第五話すたーーーーーーと!!

「限界離脱領域」(動画はこちらからどうぞ)

場所は人革連の軌道エレベーター。
サジとルイスは2人で研修旅行に行くことに。
同じ場所に、セルゲイ中佐とソーマピーリス少尉。彼らもこれから宇宙へ行く様子。

宇宙へ行く船内での一コマ。
セルゲイ中佐と少尉。

「そういえば、少尉が超兵計画に志願した理由を聞いていなかったな。」
「志願はしていません。私は、超兵計画のために生み出されたデザインベイビーです。」

それを見て複雑な表情の中佐。

中佐いい人そうや・・・。


さて、ところ変わって地球のどこかの島。ガンダムを隠している場所。
新しいミッションを受け取ったガンダムマイスターたち。
それは、モビルスーツの性能実験の監視という。


宇宙についたサジとルイスは順調に研修を始める。
そして中佐たちは・・・。

何と超人用モビルスーツを開発していた。ピンクのモビルスーツ。
それは対ガンダムの切り札だと言う。
軌道実験に入る中佐と少尉。
ソーマピーリス少尉の新モビルスーツの軌道実験を見て

「最大加速時でルート誤差が0.25しかないとは。これが超兵の力。しかし彼女はまだ乙女だ。」
順調に実験していたがっ!!突然ソーマピーリスに何かが起こる!

「何この感じ。」



と当時になぜかアレルヤにも同じ現象が!!

「な・・・何だ。頭が・・・痛い」
アレルヤは2重人格なのか?
凶暴そうな性格のハレルヤが登場する。

倒れ込むアレルヤ。暴走を始めるソーマピーリス!!



うおぉぉぉ!!!!!わけがわからん!!!




謎の頭痛により暴走して軌道エレベーターに攻撃を始めるソーマピーリス!
必死で止めるセルゲイ中佐!

何が起こってるんやぁ!!!


その攻撃によって何と軌道エレベーターの中の重力ブロックが切り離されて宇宙に投げ出されてしまう
それをみてアレルヤに性格が戻るとすぐにガンダムのもとへ!

後、14分で地球の重力にひかれて落ちるという。

中佐が到着する頃には
「限界離脱領域まで後7分・・・。
重力区画を軌道高度に押し上げるためにはあのでかぶつを加速させるしかない!」

中佐はたった一機で重力ブロックを押し戻そうとするが・・・。

「第七区画の質量が大きすぎる。この機体の推進力では・・・。
限界離脱領域まで後200秒・・・。このままでは私の機体も重力圏に捕らわれてしまう。
見捨てるしかないのか・・・200人以上の人間をっ!!
宇宙はなぜにこうも無慈悲なのだ!!」



そこに!!!!
中佐のモビルスーツに機影が!!


「この速度で近づいてくる機体だと!?なぜ今までレーダーに・・・
まさかっ!!ガンダムか!!」



そこに来たのはアレルヤ・ハプティズム!
「限界離脱領域まで後20秒、キュリオス!」
機体の名前を呼ぶと変形する!

そして中佐とともに重力ブロックを押し戻そうとする!
少しずつ押し戻される重力ブロック。


ちょうどその頃、ワンリュウミンからの緊急暗号通信により、アレルヤが人命救助をしていることを知るプトレマイオスのスメラギさん。

すぐに戦術を考えはじめる。


何とか重力ブロックを押し戻そうとするが・・・
「ガンダムの推進力をもってしても現状維持が限界か・・・。しかしエネルギーがつきれば全員地球圏へ・・・」
中佐が絶望しているところだったが

アレルヤは言う!重力ブロック内の人に呼びかける!
「中央ブロックに集まれ!!」

中佐も言う。
「若い・・・男の声。
聞こえるかガンダムパイロット!このブロックは限界離脱領域にはいる。ここまでだ。離れろ」


「ふんっ!できないね!ソレスタルビーイングに失敗は許されない。それにっ!!!
ガンダムマイスターは一人じゃない!!!!!!!」






うひょーーーーーーーー!!!!!!




なんてこったwwww
ロックオンが地球からの砲撃で重力ブロックの左右を切ったwww





軽くなった重力ブロック。
そして一気に押し戻すアレルヤ。


ちょうどその時、救助隊が到着する。
それを確認して離脱するアレルヤ。


うーーーーーんかっこいいwww


「私にも恩を感じる気持ちぐらいはある・・・。」
セルゲイ中佐もかっこいいwww


というところで第5話は終わり!





ガンダムシリーズ ブログランキングへ